テーマ:楽器/音楽

音楽の未来

これは昔使ってたヤマハのCS20Mというアナログモノフォニックシンセサイザーのケースに貼ったステッカーです。ケース自体は純正ではなく、作ってもらったものですが話はそこじゃなくてステッカー。 1986年当時のヤマハのキャンペーンステッカーです。そのキャチがブログタイトルのThe Future of Music ~音楽の未来。現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レモンオイル♪

レモンケーキではないですよ。レモンオイルです。 ギターなどの弦楽器系プレイヤーは知ってる人も少なくないでしょう。一応、クリーナー&コンディショナーとありますが指板にはコレがイイんですよ♪ 昔からフェルナンデスから出てたのを使ってたんですが、いつのまにか見掛けなくなったので諦めかけてたところ、某○○○オフでダダーリオのやつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KORGの逸話・・・は大袈裟か♪

大昔、KORGには707という数字だけの名前のモデルがありました。 49鍵標準鍵盤のシンセサイザーキーボードであるそれは、80年代POLY-800の後継機種でDS-8の音源とカラフルなボディバリエーション(確か青とピンクと黒に近いグレーがあったはず)でPOLYシリーズにはなかった液晶が付いていました。 (間にPOLY-800 I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは難しいかもしれない><

2~3年前にオーバーハイムのMatrix-6を修理した事を書きました。 その時もProphetも直るといいなと考えていたのですが、先日改めてチェックすると左2オクターブと各F#が鳴りません。F#については単純に放置が長かったせいか時々遅れて鳴ります。たしか以前ばらしたときは容易に接点メンテできなかった気がします。 ネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大掃除ついでに

ついでと言ってはなんですが、何故かMatrix-6を整備することになったのでした。 あ、ここでいうMatrixとは映画ではなくシンセサイザーのことです。w 弾いてみたらF4からG4あたりが何故かベロシティの掛かりが強いような感じなので思い切ってバラしてみることにしました。作業写真がないのでアレですが(汗)サイド3本づつ、底面の4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィンテージシンセの修理とか

私自身もいわゆるヴィンテージ・シンセサイザーをかなり所有しています。というより、気付いたらヴィンテージなお歳頃になっていただけなんですが(笑) 所有機の中で2番目に新鋭なはずのエンソニックKT-88もかれこれ7年前に修理に出しました。 オープンエアスタジオというところです。色んな機種をサポートできるようなので、機会があれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more