これは難しいかもしれない><

画像


2~3年前にオーバーハイムのMatrix-6を修理した事を書きました。
その時もProphetも直るといいなと考えていたのですが、先日改めてチェックすると左2オクターブと各F#が鳴りません。F#については単純に放置が長かったせいか時々遅れて鳴ります。たしか以前ばらしたときは容易に接点メンテできなかった気がします。

ネットではかなりな割合でCEM3340というチップもしくはその周辺の故障が多いと聞きます。このチップはProphetだけでなくオーバーハイムなどの機種でも使われている有名なものだそうで、例によって入手困難なのだそうです。
画像

考えてみればもう30年近くのものですから当たり前といえば当たり前。しかも昨今の時代の風潮からすればむしろナンセンスとも思えます。所有機ではこのProphet~600Jと2台のJUNO106が共に故障機リスト入りしています。JUNO1号は過去に2回修理を受けていますがイタチごっこ的に故障し、手に負えないのが現状です。とは言え、私の場合はPOLYSIXや前述のMatrix、他デジタル機が良好なのがむしろ幸いなのかもしれませんね。

なお下の画像は現在も大事に保管しているキーボードマガジン2002年10月号です。これと同9月号はもう宝物の域に入り、大切しています。同様に1991年3月号もボロボロですが保管しています。デヴィッドフォスターの表紙&特集でファンの私としては外せませんね♪

"これは難しいかもしれない><" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント