ドリパケ、ニューカマー♪

画像

今年初頭にアクティブのフロントミッドコンバによってフロントミッド化したドリパケでしたが、
純正バスタブシャーシを反転させる手法も面白いのですが問題がありました。

前後共キャスター角が逆になってしまう事、ボディマウント位置がまったく合わなくなる事・・・などなどから元々タイプBなところをやむなくタイプCへコンバしたりと苦労したわけです。その他、製品精度の問題で新設ステアリング周りのガタとかタイプCゆえのフロント側のガタとかきりがなかったので、新しく発表されたVer.2へ移行する事にしました。丁度(か?)バスタブのフロント(元のリア)側が割れてしまい、バンパー&ボディマウントが付かなくなったのも思い切る要因でありました。

というわけで新投入したのが、同じアクティブのフロントミッドコンバのVer.2。
今回はメインシャーシごと新設計であること、ステアリング周りも低く位置してるのでハイエンド風です。見た感じはTB03 VDFとよく似た雰囲気です。しかし、OP込みで実売2万円台中盤は他のハイエンドマシンと比べても割安ではないでしょうか。
アクティブ製品はロット毎にアルマイトの色合いが違います。Ver.1のときも自分のは青でしたがその後見掛けたものは紫に近いものでした。同様に記事で見たVer.2は青でしたが手元に来たものは紫に近い青でした。

同時に切れ角がアップするというステアリングブロックとTA05兼用のユニバ、反転仕様のセンターワンウェイを投入。フロントワンウェイもラインナップされているものの、これはヨコモのを打ち直しが可能な事とこれまでのボールデフを試したいこと、そしてヨコモのセンターワンウェイが長さの都合で取り付けできないのでセンターだけ購入しました。

これもいろいろありましたので追って書いていきたいと思います。

"ドリパケ、ニューカマー♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント