OLD Macのその後

随分お久しぶりになってしまいました。
2年くらいでしょうか。

前回はRC関連のネタでしたが、諸般の事情で2年ほどコースに行ってません。
時間と、さらにメインであるところのドリパケアクティブコンバ2のセンターシャフトトラブルでしかもパーツは供給されてないのが主な原因です。
画像

さて今回はMacの話。
昔からかなり保持していますが、その実何台あるか忘れてたりもします^^;
15年ほど前のその筋の知り合いも既にユーザーではなかったり、サイト閉鎖してたりが9割を超えていました。

オークションなどの市場でも長らくほとんど価値を評価されなかったのですが、久しぶりに覗いて見ると68kなども取引が動き始めているようです。
そこで整理も含めて出品してみようかなどと考えてます。ただ動くかどうか...。

ほぼ内蔵電池の寿命で起動できないケースですが、それに加えLBやアナログボードの劣化もあるかもしれません。たしか2~3年前に起動しなかったマシンがあった気がします。
放出しようと考えているのはIIciが2台とPowerMac 7100と7200改7500、LC2と3、それからもし動けばPM G3/266と多岐にわたります。でもPM系は需要ないでしょうね...

実現すれば、G3/233改とQuadra700、800、カラクラ2/P275、5500と575、8600、そしてSE/30が残ると思います。PowerBook及びiBookは残します。
ちなみに昨日覗いたらPowerBook ARMYも苺丸同好会も既にありませんでした。
それどころか、当時利用していてリンクしたメーカー・ショップもほとんどありませんでした(TT) もっともPowerBookに関してはそもそも既にシリーズもないし、情報が更新されることもないので当然かもしれません。当方のFreeSpace記事もデッドリンクを整理しなくちゃですね。でもサイト閉鎖はしませんよ^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ブログ主のAWです
2014年09月27日 11:16
もし万が一、このブログを見て放出予定のMacに興味ある方がいらっしゃいましたら、このコメントで結構ですのでご一報くださいませ。

この記事へのトラックバック